「回廊のある家」新築工事

施主様と沢山打合せを重ねさせていただき、こだわりの詰まった無垢材のぬくもり溢れる家が竣工いたしました。

1階は回廊になっており、玄関・リビングからも直接一番奥の部屋に向かうことができる仕様になっております。

写真を見て頂いてもわかるとおり、リビングは吹き抜けになっており、2階のバルコニーの大きな窓から光が沢山入ってきます。また、吹き抜けではどうしても吹き抜け特有のスペース(吹き抜けの部分は部屋ができない。。。)が出来てしまいがちですが、こちらではそのスペースに書斎を設置しており、書斎からはリビングが見えるので解放感があります。

書斎スペースの机や階段の手すり、階段を上がったところの洗面台は造作(既製品ではなく大工の手により作り付けたもの)のため、随所随所で「木」を感じることができます。

2階の一番大きい部屋には大きな窓が4つ配置されているので外から中をのぞかれることなく、やさしい光が差し込みます。

これからご家族で沢山の思い出を作っていただくとともに、無垢材の経年変化も一緒に楽しんでいただける家になりました。